本当の出会いはどこに?迷える40代に絶対お勧めの婚活アプリ10選!

 

仕事も趣味も充実する40代。
ここまでは一人で来たけれど、ぬくもりを分かち合うパートナーが欲しくなってはきませんか?

 

人生の伴侶を見つける方法は大きく変わりました。
私たちが20代30代の頃は、リアルに出かけた先や友人を介してしかありえなかった出会いですが、スマホが発達した今、マッチングの主流はネットに移行。

 

どこで出会えるの?ネットって本当に信用できる?
40代のネット婚活について考えてみましょう。

 

 

婚活アプリって何?他のマッチングサイトとどこが違うの?

 

 

いわゆる出会い系、マッチングサイト(アプリ)と呼ばれるものは数えきれないくらい存在します。
友達探しや恋人募集、ワンナイトラブから不倫相手を探すものまで、その種類も驚くほど豊富です。
40代が婚活にネットを使うことをためらってしまう一つの理由もそこにあります。

 

"遊びじゃない恋がしたい”"真剣に将来を考えた交際がしたい”という人にとっては、あまりにも多いアプリの中からどれを選べばよいのかわからない上に、せっかくマッチングできても相手が遊び感覚では意味がありません。

 

実は一般的なマッチングサイトと婚活アプリには大きな違いがあります。
まずはその2つの違いと良い婚活アプリの見分け方について理解しておきましょう。


 

婚活アプリはここが違う!抑えておきたい重要ポイント

マッチングサイト、特にライトな出会いを求めるものには登録時の情報量が極端に少ない物があります。
身元を明らかにすることなく簡単に出会うために、できるだけ最初のハードルを下げるように作られています。

 

そういったサイトでは職業や年齢を詐称することも簡単で、肝心の写真が本人の物でない場合すらあります。
そんな状態の中で相手の真実の姿を見極めるのは超能力者でもない限り不可能ですね。
では婚活アプリはどうやってメンバーを管理しているのでしょうか。

 

婚活アプリが信頼できる3つの理由

婚活アプリは結婚を目的とした真剣な出会いを提供する場です。

 

登録する側も真剣なら、アプリ側もそれを保証するための仕組みを備えています。
多くの婚活アプリで採用されている身元を保証するための仕組みには、こんなものがあります。

 

証明書の提出が必要

マッチングサイトは、法律に抵触する可能性を排除するために18歳以上でないと利用することが出来ません。
ただし、全てのサイトがそれをしっかりチェック出来ているかとなると疑問です。
登録時に身分を証明するような書類の提出を求めるサイトはほとんどありません。

 

婚活アプリの場合は、登録時に本人を証明するための証明書の提出が必須となります。
免許証、健康保険証など、最低でも年齢が確認できるものを用意する必要があります。

 

アプリによって必要書類はまちまちですが、中には「独身証明」「収入証明(源泉徴収票など)」「住所証明(住民票)」などを登録することが出来る物もあり、それらの証明書を登録しているユーザーをプロフィール画面で簡単にチェックすることが出来ます。
つまりそれだけ真剣に結婚を考えている相手が見つけやすい、ということですね。

 

フェイスブックと連動

SNSにもたくさんの種類がありますが、その中でも登録時に個人情報の入力が必須となるフェイスブックは、信頼性の評価がもっとも高いものの1つと考えられます。

 

婚活アプリの中にはフェイスブックアカウントと連動する物があり、中にはフェイスブックのお友達の数が×人以上などの制限を設けているものもあります。

 

そのユーザーが本人であること、ダミーアカウントや詐欺業者でないことを、SNSを利用して裏付けているのです。

 

登録後に気になる相手をチェックする際にも、フェイスブックを通じて雰囲気がつかみやすいため、多くの婚活アプリで採用されています。

 

フェイスブックと連動していると聞くと、フェイスブックのお友達に婚活をしていることが知られてしまうのではと逆に不安に感じる人も多いでしょう。

 

婚活アプリはフェイスブックとアカウントを連動しますが、フェイスブックのアプリ通知やタイムラインに表示されることはありません。

 

アカウント名もアプリ側では違うものが表示され、フェイスブックのお友達はリストから除外されるため、知り合いにアプリの使用が知られることはないように作られているのです。


料金がかかる

え?お金がかかることが信頼性と関係あるの?と思われるかもしれませんが、実はこれが婚活アプリを選ぶうえでの大きなポイントなのです。

 

例えばネット以外で婚活をする場合はどうでしょうか。
結婚相談所は登録、お見合い、成婚などそれぞれに相応な金額が設定されていますよね。
婚活パーティーにしても、参加者のレベルが上がるほど費用は高くなります。

 

つまり真剣に結婚相手を探すためには、ある程度の投資を覚悟しなければならないということです。
マッチングアプリも同様で、費用が掛かることで信頼性が上がる大きな理由の一つが、興味本位の遊びで参加する人を排除できるという点です。

 

ワンナイトラブの相手を探すのにお金を払うなら他にいくらでも方法がありますから、軽いノリで出会いを求める人は料金が必要な婚活アプリには寄り付きません。
証明書を提出し、さらにお金を払ってまで相手を見つけたい本気な人と出会える確率がグッと高くなるというわけです。

 

料金体系自体にも、アプリを見極めるヒントが隠されています。
婚活アプリと一口に言っても、システムや料金によっていくつかのタイプに分けることが出来るのです。


 

では実際の婚活アプリにはどんなものがあり、どんな利点と欠点があるのでしょうか。
具体的に代表的なアプリを比較してみましょう。

 

出会いタイプ別婚活アプリランキング

 

マッチングアプリと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、プロフィールを登録して会員に相互チェックさせ、マッチングしたらお好きにどうぞ、というタイプの物だと思います。

 

婚活アプリの場合、ライトな恋人探しから始められるものから結婚相談所のように条件に合う相手を紹介してくれるものまで、幅広いシステムが存在します。
実際の婚活アプリをタイプ別に比較してみましょう。

 

自分で相手を探す人のマッチング型婚活アプリ

まずは婚活アプリで最も普及しているいわゆる「マッチングアプリタイプ」を見てみましょう。
出会いまでの流れはすべて自力で行う必要があるため、積極的に選んで行きたい人向けのサービスです。

 

ここでいう「マッチング」とは、自分で相手を探して(あるいは探されて)双方が合意することを指します。
サイトによって細かい違いはありますが、おおよそこんな流れで進みます。

  1. 会員検索で条件に合う相手を探す
  2. 気になる相手に「いいね」を送る
  3. お互いに「いいね」が一致する→「マッチング」
  4. サイト内メッセージでのやり取りを開始

ほとんどのマッチング型では、「いいね」の送信やメッセージのやり取りに料金が必要です。

 

女性は全て無料でサービスを利用できるものもありますが、無料ゆえに20代の恋活女性が多かったり出会い目的で登録しているユーザーの割合も高くなりますから、男女ともに料金が設定されているアプリの方が安心感は高くなります。

 

それではこの仕組みを踏まえたうえで、40代に特にお勧めのマッチング型婚活アプリランキングを発表します。

 

40代男女にオススメな【マッチング型婚活アプリ】ランキング

ユーブライド(youbride)

サイト名 ユーブライド(youbride)
提供業者 株式会社Diverse
タイプ マッチング型
会員数 約150万人
男女比 非公開
登録料金 無料
料金(男性) 月額2,320円~
料金(女性) 月額2,320円~
対応機器 PC/スマホ(iPhone・Android)/ガラケー

日本のSNSの草分け的存在、MIXIの子会社が運営している婚活アプリ。
サイト内の作りも「足あと」や「いいね」などMIXIと同じようなわかりやすい仕組みを採用しており、ガラケーにも対応しているなど、操作しやすいのが特徴です。

 

そのせいか会員の年齢層が比較的高く、30代・40代の真剣に結婚したい人が集まっているので、40代の婚活アプリとしてはかなり有望。
利用者の6割が3ヶ月以内にパートナーに出会って退会しているというデータもあり、
少しでも早く出会いたい人には特にお勧めなアプリです。

Yahoo!パートナー(ヤフーパートナー)

サイト名 Yahoo!パートナー(ヤフーパートナー)
提供業者 Yahoo!Japan(株)
タイプ マッチング型(Facebook連携あり)
会員数 約500万人
男女比 非公開
登録料金 無料
料金(男性)

月額2,686円(Android版/長期プラン割引あり/Yahoo!プレミアム会員割引あり)
月額3,519円(iPhone版/長期プラン割引あり)

料金(女性) 無料(オプションで有料プラン2,676円~)
対応機器 PC/スマホ(iPhone・Android)

日本最大手のポータルサイトYahoo!が運営する、信頼性の高い婚活アプリです。
セキュリティ面や不正の監視体制もしっかりしているので、安心感が受けて年齢が高目の層にも人気があります。

 

男性の場合、基本機能は無料ですがメッセージ送信や検索機能の追加には料金がかかるため、月額会員になるのがお得です。
Yahoo!のプレミアム会員かつAndroid版アプリの12か月プランなら1,151円/月と大幅に割引があるなど、特に日ごろからYahoo!を利用している人なら絶対に見逃せませんね。

エキサイト婚活

サイト名 エキサイト婚活
提供業者 エキサイト株式会社
タイプ マッチング型
会員数 約26万人
男女比 45:65
登録料金 無料
料金(男性) 3,500 円(長期プラン割引あり)
料金(女性) 3,500 円(長期プラン割引あり)
対応機器 WEB

伊藤忠商事グループが展開する大手婚活サイト。
年齢層が高目で真剣に婚活に向き合う会員が多いので、40代の婚活にもお勧めです。

 

男女とも月額料金がかかりますが、無料会員でも検索と「いいね」の送信までは無制限。
メッセージ送信したい相手が見つかったらコース入会をすればよいのも安心ですね。

 

一般的な婚活アプリでは双方からの「いいね」がマッチングしないと送れないメッセージですが、エキサイト婚活では一方からだけでもメッセージ送信が可能となっています。
真剣で積極的な婚活をしたい人向けのサイトと言えるでしょう。

ブライダルネット

サイト名 ブライダルネット
提供業者 株式会社IBJ
タイプ マッチング型
会員数 約50万人
男女比 4:6
登録料金 有料
料金(男性) 月額3000円
料金(女性) 月額3000円
対応機器 WEB

東証一部上場の結婚相談関連企業、IBJが展開する婚活サイトです。
マッチング型の婚活サイトとしては珍しく、会員登録するためには最初から料金がかかります。
遊びで入会する人はおらず、活動内容によって月額料金が上下することもないので、非常に安心度が高いサービスと言えるでしょう。

 

日記やコミュニティ、様々な相談受付などサービス内容も充実しているので、じっくりと相手を見極めて交際したい40代に向いています。
会員の年齢層や平均年収などもデータとして公開しているので、まずはサイトをチェックしてみて下さい。

マリッシュ

サイト名 マリッシュ
提供業者 株式会社マリッシュ
タイプ マッチング型(Facebook連携あり)
会員数 約16万人
男女比 6:4
登録料金 無料
料金(男性) 2,980円 ~
料金(女性) 無料
対応機器 PC/スマホ(iPhone・Android)

会員の60%以上が離婚経験者というちょっと変わった婚活アプリです。
特に女性会員は51%がシングルマザーなので、「バツイチ子供あり」などの一般的には厳しい条件でも安心して婚活できます。

 

年齢層も高めで、40代以上で真剣に結婚を考えている人向けの婚活アプリと言えます。
「いいね」やメッセージ送信にはポイント(有料)が必要ですが、毎日1ポイント無料で配布されるため、マメにアクセスできるならまずは無料で使ってみるのも良さそうです。

 

条件面で結婚を諦めかけていた人も、ぜひ登録をお勧めします。

マッチ・ドットコム(Match.com)

サイト名 マッチ・ドットコム(Match.com)
提供業者 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
タイプ マッチング型
会員数 約180万人(日本)/約1500万人(世界)
男女比 45:55
登録料金 無料
料金(男性) 月額約3000円~
料金(女性) 月額約3000円~
対応機器 PC/スマホ(iPhone・Android)

世界最大級、25国で提供されているマッチングアプリの日本版です。
セキュリティに力を入れている婚活アプリで、身分証明書はもちろん「収入証明」や「卒業証明」など複数の書類を提出することによって自分の信頼度を上げられると同時に、ウソのプロフィールを見分けられるように作られています。

 

登録から基本機能の利用まではすべて無料なのも特徴の1つで、マッチングするまではまったくお金がかかりません。
メッセージのやり取りをする相手が見つかってから会員になれば良い点も、初めてWEB婚活を始める人にお勧めなポイントです。

Pairs(ペアーズ)

サイト名 Pairs(ペアーズ)
提供業者 株式会社エウレカ
タイプ マッチング型(Facebook連携あり)
会員数 600万人以上
男女比 非公開
登録料金 無料
料金目安(男性) 月額2980円
料金目安(女性) 無料
対応機器 PC/スマホ(iPhone・Android)

マッチングアプリの草分け的な存在で、会員数もダントツに多いPairs。
Facebook 連動型アプリとして有名ですが、2016年からはFacebookアカウントがなくても登録できるようになりました。

 

会員層が20代~40代と幅広く、女性が無料なこともあり、恋活に利用している2・30代女性が多いのが特徴です。
そのため40代に限れば女性よりも男性向けと言えるかも。
登録と基本機能は無料なので、他のアプリと並行で試しに使ってみても良いかも知れません。

 

結婚紹介所のようにサポートが手厚い婚活アプリ

 

マッチング型の最大の特徴は自分で相手を選んで交際を申し込むプロセスにあります。
会員数が多ければそれだけ選び放題に見えますが、その一方で年齢や条件で絞り込んだ時に意外と対象人数が少なかったり、「いいね」を送っても片思いに終わってしまうケースが少なくありません。

 

中々マッチングしないとだんだん心が折れてしまい、いわゆる「婚活ブルー」に陥ってしまう可能性も。
そこでご紹介するのが、マッチング+αのサービスが充実している、いわばネット上の結婚紹介所ともいえるサービスです。

 

40代男女にオススメな【相談所形式の婚活アプリ】ランキング

 

ゼクシィ縁結び

サイト名 ゼクシィ縁結び
提供業者 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
タイプ マッチング+結婚紹介所
会員数 約30万人
男女比 60:40
登録料金 無料
料金(男性) 3,980円(長期プラン割引あり)
料金(女性) 3,980円(長期プラン割引あり)
対応機器 WEB

結婚情報誌でおなじみのゼクシィの名を冠する婚活アプリ。
ゼクシィの持つ膨大な既婚者の情報から分析した「価値観診断」を元に、条件だけでなく性格的に合いそうな相手を選んで毎日4人まで紹介してもらえるので、自分からのアプローチが苦手な人でも安心して婚活できます。

 

緊張する初めてのデートも場所や時間を双方に確認しながらセッティングを代行してくれる、まさにいたせりつくせりのサポート体制を完備。
基本機能無料でメッセージ送信から有料サービスに移行する仕組みなので、まずは登録してしばらく使ってみても損はしません。

楽天オーネット

サイト名 楽天オーネット
提供業者 楽天株式会社
タイプ マッチング+結婚紹介所
会員数 約5万人
男女比 50:50
登録料金 106,000円(入会金・活動初期費用含む)
料金(男女共通) 月額13,900円
対応機器 PC/スマホ(iPhone・Android)

他の婚活アプリと比べると入会金と月額利用料が高い楽天オーネットですが、サービス内容もセキュリティもかなりハイクオリティです。
200項目以上の条件を元に発行される月6人の「紹介状」の他、自分で検索しての申し込みも可能(月8人まで)。

 

活動中の悩みに応えるアドバイザーサポートも充実しており、まさにネット上の結婚相談所といった趣です。
「数より質」のシステムなので、成婚率もかなり高めです。
入会前に本当に出会える確率がどれくらいあるかチェックできる無料の「結婚チャンステスト」があるので、まずはお試しを。

e-お見合い

サイト名 e-お見合い
提供業者 株式会社結婚情報センター
タイプ マッチング+お見合いサポート
会員数 約15万人
男女比 非公開
登録料金 無料
料金(男性) 3000円~(件数課金制)
料金(女性) 3000円~(件数課金制)
対応機器 WEB

結婚相談所のNOZZE(ノッツェ)が展開するWEB婚活サービスです。
このサービスが変わっている点は、メールの送信1人ごとに開通費用がかかること。
合意の上一旦メールが開通すればその相手に限り無制限でやり取りができますが、2人目にはまた別途開通費用が必要です。
検索など基本機能は無料でもアプローチは真剣に、というわけですね。

 

交際を決めたら、全国にあるセンターで担当者立ち合いの上で正式なお見合いをします。
年齢層が高い会員が多く熟年婚の実績も多いので、とにかく真剣に結婚を目指す人はチェックしてみて。

まとめ

 

40代に入ると生活習慣はほぼ固まり、自分のテリトリーの中だけで趣味や性格が合う相手と巡り合うのはどんどん難しくなってきます。
テリトリーを広げようにも、時間も気力体力も若いころのようには自由が利かないのも事実です。
でも、出会いを諦めてしまえばそれまで。

 

あなたの手元に1台のスマホがあれば、普段はすれ違うことすらないまったく別の世界から、パートナーを見つけ出すことだってできるのです。
勇気を出して、まずはアプリを開いてみましょう。
来年の今頃は、まだ見ぬパートナーと二人で笑いあっているかもしれません。


このページの先頭へ戻る