【facebookなし&安全に使える】婚活アプリの最強おすすめ人気ランキング5選

 

婚活アプリを探すときに1つのハードルになるのが、普段からFacebook(フェイスブック)を使っているかどうか、ということです。
人と人との仲介をする婚活アプリでは、身元を確認するためにフェイスブックアカウントを使っているものが少なくありません。

 

でも、フェイスブックを使っていない人はどうしたら良いの?
ここではフェイスブックアカウントが不要な婚活アプリをまとめて紹介します。

 

フェイスブックが必要ない婚活・恋活アプリおすすめ5選

 

たくさんある婚活・恋活アプリの中には、フェイスブックアカウントを必要としないものもあります。
その中から特に人気と信頼度、使い勝手の良いものを厳選しました。

 

まずは各アプリの特徴をチェック!

 

Yahoo!パートナー(ヤフーパートナー)

サービス名 ヤフーパートナー
運営会社 ヤフー株式会社
会員数 約500万人
男女比 7:3
登録料 無料
利用料(男性) 3,519円/月~※
利用料(女性) 無料

※長期契約割引あり/決済方法による上下あり/コイン購入あり

 

大手ポータルサイトYahoo!が運営する婚活アプリです。会員数は約500万人。
ネットに強みを持つ企業ならではの機能も盛りだくさんで、特に結婚に前向きな年代に厚い支持を集めています。

 

ヤフーパートナーには真剣に結婚したい男女が集う!

まずはヤフーパートナーと他の婚活アプリの違いについて見てみましょう。
大手企業が運営していること、Yahoo!という目立つ看板を背負っていること以外にも、こんな特徴があります。

 

年齢層は高目で結婚に前向きな会員が多い

ヤフーパートナーの最大の特徴が、他のマッチングアプリよりも会員の平均年齢が高い、ということです。

 

男女ともに30代と40代がほぼ半数を占めており、特に男性は50代以上の会員の登録も目立ちます。
一生懸命働いてきて生活にゆとりが生まれ、そろそろ本気でパートナーを見つけたい、という男性会員が多いのです。
女性の年齢も30代が多く、こちらもライトな恋愛よりも結婚を見据えた交際を求める人が集まっています。

 

多彩なグループ機能で趣味の合う相手が見つかる

婚活アプリにはつきものの写真やプロフィール検索だけでなく、ヤフーパートナーならではの相手探し機能が満載です。
その一つが「グループ」と呼ぶ趣味や好みのコミュニティがとても多いこと。

 

会員が自由にグループを作れるため、現在20,000個近いグループがあります。
「コーヒー好き」「ドライブ好き」から特定のお店やドラマのファンまで、よりニッチな分野で好みが合う相手が見つかるかもしれません。

 

SNS感覚で近況をつぶやけば注目度もマッチング率もアップ!

もう一つの特徴的なのが、「みんなの近況」というつぶやき機能。
インスタやTwitterのように写真付きでつぶやくことができ、会員がお気に入りのお店やちょっとした出来事をどんどんアップしています。

 

同性の近況は表示されないので、ライバルたちのマウンティングを気にすることなく異性の近況だけチェックできるのもうれしいですね。
この近況を元に気の合うお相手が見つかるケースが多いのも、ヤフーパートナーならではの特徴です。

 

ヤフーパートナーの安全性は?

大手企業が運営するだけあり、安全性にも定評の高いヤフーパートナー。
その仕組みを見てみましょう。

 

ログインはSMS認証またはフェイスブックIDを使用

以前はYahoo!IDでのログインがメインでしたが、フェイスブックアカウントまたはSMS認証でのログインが可能になりました。

 

SMS認証は携帯(スマホ)の電話番号を使うため偽名やダミーでのログインが難しく、安全性が高い認証方式です。
そのため会員をターゲットにする業者が比較的少なく、もちろん運営会社が使うサクラもいないので、安心してパートナーを探すことができます。

 

大手ポータルサイトならではの徹底した管理体制

日本最大級のポータルサイトであるYahoo!は、サイト運営やネットショップ、掲示板など様々なWEBサービスを提供しています。
個人情報の扱いや悪質業者への対応にも、積み重ねてきた豊富な実績があります。

 

ヤフーパートナーの監視体制も、プロフィール登録時から違反者の通報システムまでバッチリ完備。
安心して登録・利用できる婚活アプリです。

 

ヤフーパートナーで出会うためのポイントは?

真剣に婚活をする男女が集うヤフーパートナーは、遊び感覚の恋活にはあまり向いていません。

 

男性会員の割合が高いので、女性ならしっかりとプロフィールを登録することで、多くの相手から注目を集められる可能性があります。
ただし相手が真剣な分、自分もしっかりと対応する心構えが必要です。

 

中々出会いがない、という人にもおすすめなのが、「みんなの近況」の活用です。まめにつぶやくことで相手の目に留まる確率が増え、内容によっては「いいね」と似た「スマイル」というサインが付くこともあります。

 

恋や仕事のことを日記のようにつぶやくことで人物像がつかみやすくなるので、相手を探すときにも大活躍です。

 

マッチ・ドットコム(Match.com)

サービス名 マッチ・ドットコム(Match.com)
運営会社 Match.com, L.L.C.
会員数 180万人以上
男女比 6:4
登録料 無料
利用料(男性) 3,980円/月※
利用料(女性) 3,980円/月※

※長期契約割引あり/オプションあり

 

25か国で展開する世界最大級のマッチングアプリが、マッチ・ドットコムです。本社はアメリカのテキサス州ダラス。
国境を越えた出会いも期待できる点が、他の婚活アプリとの最大の違いです。

 

幅広い中からピッタリの相手を探しだすマッチ・ドットコム

20年以上の歴史があるマッチングアプリの草分け的な存在であるだけに、マッチ・ドットコムには他にない特徴がたくさんあります。
どんな特徴があるか、チェックしてみましょう。

 

特徴的な3つのマッチ機能を使いこなす

マッチ・ドットコムでは、自分と相性の良い相手を見つけるためのマッチ機能が多彩に用意されています。

 

自分の設定したプロフィールが相手の求める条件に一致している「想われマッチ」
お互いの条件の一致度が高い「両想いマッチ」
そして1日1回、あなたに合いそうなメンバーを10名程度紹介してくれる「デイリーマッチ(今日のマッチ)」です。

 

特にデイリーマッチは、紹介されたメンバーに○か×をつけるごとにAIがあなたの好みを学習し、日々精度が上がっていくという特徴があります。
たくさんのメンバーを無駄に検索しなくても、ピッタリの相手が見つけやすい仕組みになっているのです。

 

年齢層はやや高めで収入も多目な会員が多い

マッチ・ドットコムの会員は、男女ともに30代がボリュームゾーン。
40代以上の会員も他の婚活アプリよりも多目です。

 

会費を払わないとほとんどの機能が使えず、また値段も他のアプリと比べてやや高めに設定されているため、結婚に対して本気度が高い人だけが集まる傾向があります。

 

本人証明も充実しており、免許証などの本人確認の他にも収入証明・勤務先証明・卒業証明など複数の証明書を提出することができるので、検索条件に「証明書あり」を指定すればグレーな相手に引っかかる心配もありません。
ライトな恋愛よりも真剣に結婚相手を探す会員が多いので、しっかりとプロフィールを充実させてアピールしましょう。

 

「恋が始まる保証」がついている!?

名前からしてユニークなサービスが、有料会員の6か月コースについている「恋が始まる保証」です。
6か月コースに入会したうえで、提示された条件を満たしてサービスを利用しても気に入った相手と出会えなかった場合に限り、続く6か月間は会費が無料になるというこのサービス。

 

裏を返せば、ほとんどの会員が6か月以内にカップル成立に成功しているという自信の表れです。

 

マッチ・ドットコムの安全性は?

フェイスブック不要で会員登録ができるマッチ・ドットコム。
その安全性はどのように保証されているのでしょうか?サクラや業者の存在は?

 

マッチ・ドットコムにサクラや業者はいる?

マッチ・ドットコムの会員は男女ともに有料かつ定額制です。

 

運営会社側が会員集めやポイント課金のために雇うサクラは意味がないので存在しません。
また会費が比較的高いため会員を狙う業者にとっては効率が悪く、業者に遭ってしまった、という声はほとんど見かけません。

 

マッチ・ドットコム有料会員になるには年齢証明が必須

マッチ・ドットコムでは、無料登録時にはフェイスブックやSMS認証を行いません。
え?それでは偽名やダミーで登録できてしまうんじゃ?と思われますが、無料会員は検索以外のほとんどの活動ができず、実際に気に入った相手とやり取りをするためには月額会員になる必要があります。

 

月額会員になるためには、クレジットカードを使用するか、年齢が確認できる本人証明の提出が必須です。そのため、メッセージがやり取りできる相手は、間違いなく18歳以上の本人であると確認できるのです。

 

365日の監視体制で悪質会員をブロック

会員を守るための仕組みとしては、24時間365日体制の監視体制があります。
プロフィールやメッセージのやり取りをチェックして、悪質なユーザーと判断されると強制退会になります。
会員からの通報システムもあり、怪しいと感じた相手をサポートに通知することができます。

 

マッチ・ドットコムで出会うためのポイントは?

一般的な婚活アプリでは気になる相手に「いいね」を送りあってマッチングすることから交際がスタートします。

 

逆に「いいね」が一致しないとメッセージすら送れないものがほとんどですが、マッチ・ドットコムは少し違います。
有料会員は気になる相手に直接メッセージを送ることができるのです。

 

ただ「いいね」を待つだけでなく積極的にアプローチできるので、自分から交際のきっかけを作りたい、気になる人にはどんどんメッセージを送りたい、という前向きな人には特におすすめです。

 

マリッシュ(marrish)

サービス名 marrish
運営会社 株式会社マリッシュ
会員数 非公開
男女比 非公開
登録料 無料
利用料(男性) 2,980円/月
利用料(女性) 無料

※長期契約割引あり/オプションあり

 

数ある婚活アプリの中でも独特なポリシーで人気を集めているマリッシュ。
再婚、シンパパ・シンママの再婚活にも使えるマリッシュの特徴を紹介します。

 

マリッシュは結婚をあきらめたくない人向けのアプリ

会員数が増えてサーバーを増強したというプレスリリースが出たマリッシュ。急激に注目を集めているその理由には、こんなものがあります。

 

マリッシュは再婚活者にも優しい数少ない婚活アプリ

マリッシュの最大の特徴ともいえるのが、一般的な婚活アプリではマイナス要素になりがちな「離婚歴」「子供あり」などの人を積極的に集めている点です。
単にはじかないという意味ではなく、サイトトップに「バツイチ、シンママ、シンパパ優遇」とはっきり掲載されています。

 

これらの条件に当てはまると、ポイント増量などの優遇を受けることができるのです。
条件面で積極的になれない人にやさしい、それがマリッシュが支持される理由です。

 

年齢層は高目で結婚への意識が強い

マリッシュのもう一つの特徴が、会員の結婚に対する意識の高さです。
ライトな出会いはもちろん、恋活目的の会員であっても、最終的には結婚をゴールに見据えている人が多いのが目立ちます。

 

社会的に安定した年代が多いため、「もっと遊びたい」よりも「家庭を築いて安定したい」というメンバーが多いのです。

 

マリッシュの安全性は?

本気で婚活をしたい30代以上に人気のマリッシュ。社会人が多いため個人情報の取り組みも気になりますね。
マリッシュの安全に対する仕組みを見てみましょう。

 

登録はフェイスブックなしでも可能だが年齢確認はバッチリ

マリッシュはログインにフェイスブックアカウントを使用することができますが、フェイスブックを使っていない人は簡単なニックネームと生年月日などの入力だけでも会員になることができます。

 

では身元がハッキリしない会員もいるのでは?と不安になりますが、実際に相手とメッセージを交換する前に氏名と年齢が確認できる証明書の提出が必須になっています。
つまり、検索するだけなら誰でもできますが、出会うためには身元を証明する必要があるということ。
これならフェイスブックと連携していなくても安心、というわけです。

 

もちろん24時間365日の監視体制を完備

これも信頼のある婚活アプリなら当然ですが、マリッシュもしっかりと365日体制のサポートを行っています。
プロフィールやメッセージのやり取りを人間がチェックして、不適切な行動をとる会員は警告、最終的にはアカウント停止の処置がとられます。

 

外部の機関による安全性の証明を取得

セコムによるサイト証明、SSL(暗号化通信)によるデータの送受信の安全性はもちろん、外部監査機関TRUSTeのプライバシー保護認定も取得しています。
個人情報を実名付きで預かる婚活アプリとしては当然ではありますが、マリッシュも安全に関しては第三者機関の認証を受けられるしっかりしたアプリであるという証明です。

 

マリッシュで出会うためのポイントは?

まず強調したいのは、バツありやシンパパ・シンママのように条件から婚活に対して躊躇してしまう人に対する応援の姿勢です。
晩婚化が進み、離婚率も増え続けている日本ですが、それでもやはり再婚へのハードルは低くありません。

 

マリッシュでは、「結婚歴あり・子供ありの人に理解があります」と明言する会員が自分のプロフィールに表示する「リボンマーク」という仕組みがあります。
プロフィールにこのマークが付いている異性なら、少なくとも条件面で最初から合わないということはありません。

 

このような姿勢から、マリッシュには結婚・再婚に対して本当に真剣な人が多く集まっています。
遊び相手募集やライトな恋活には向きませんが、生涯を共にする相手を探しているなら、使ってみる価値の高い婚活アプリと言えるでしょう。

 

ブライダルネット

サービス名 ブライダルネット
運営会社 株式会社IBJ
会員数 18万人以上
男女比 4.5:5.5
登録料 無料
利用料(男性) 3,000円/月
利用料(女性) 3,000円/月

 

東証一部上場の大手婚活企業、IBJが管理運営する有名婚活アプリのブライダルネット。
他のアプリとの違いや出会い方について紹介します。

 

ブライダルネットは「結果が出せる」婚活アプリ

15年以上の歴史を持ち、信頼度も人気もトップレベルの婚活アプリがブライダルネットです。
名前の通り「結婚につながる恋をしよう。」がキャッチコピーのブライダルネットとは、どんなサービスなのでしょうか。

 

会員の約半数が3ヶ月以内にカップル成立!?

婚活アプリで最も重要なのは、「実際に出会えるか」「交際に発展するか」という2点でしょう。

 

ブライダルネットではトップページに毎月のカップル成立数を公開しており、しかもカップル成立までにかかった期間も3ヶ月以内という人が半数を占めます。
ブライダルネットには、見ず知らずの他人同士がカップル成立に至るまでに必要な手段が、たくさん用意されているのです。

 

年齢層はやや高めで半年以内に相手を見つけたい人が多い

男性会員の年齢は、30代以上が85%。
女性会員は20代・30代が85%を占めています。

 

年収も男性では80%が平均年収を超えており、社会的にも安定した人が多い印象です。
男女で会費に差がないため男女比もほぼ半々となっており、しっかりと相手を探したい大人向けのアプリといえます。

 

「担当婚シェル制度」による婚活アドバイスが充実

ネット婚活を始めたばかりの人や、中々出会えないという人にうれしいサービスが、ブライダルネットの「担当婚シェル制度」です。

 

元々結婚相談所を運営しているIBJならではのノウハウを活かした適切なアドバイスを、会員はすべて無料で受けることができます。
プロフィールの書き方、メッセージへの返信の内容、デートの服装に至るまで、どんなことでも相談できる第三者、しかもプロの存在は大きいですね。
ネット婚活に不安を抱いている人にこそ使ってほしいサービスです。

 

ブライダルネットの安全性は?

大手が運営するブライダルネットは、安全性も比較的高いと考えられます。
ブライダルネットの安全性については、こんな特徴があります。

 

証明書チェックはかなり厳し目

ブライダルネットの登録は、フェイスブックまたはメールアドレスから行えます。
実際に機能が使える有料会員になるには、身分証明書の提示が必須です。

 

と、ここまではほとんどの婚活アプリとの差はありません。
ただし、ブライダルネットで提示する身分証明は、顔写真や氏名・生年月日がしっかりと写っている物しか認証されません。
一部でも隠したものは使えないので、登録されている会員の信頼性は高いと言えます。

 

フェイスブック連携でなくても知人をブロックできる

フェイスブック連携型の婚活アプリでは、フェイスブックで友達登録されている相手は最初から検索や一覧のリストには表示されないような仕組みがあります。

 

ブライダルネットでは自動的に特定のメンバーを非表示にする機能はありませんが、自分で相手からの閲覧をブロックできる機能が実装されています。
ワンタッチでブロックできるので、友バレ職場バレしにくいのです。

 

もちろん監視体制や通報体制もバッチリ

定期的なサイト内のパトロールはもちろん、怪しいメンバーやイヤな対応をされた相手の通報システムもしっかりとサポートしています。
結婚相談所という個人情報を厳密に扱う企業が運営しているだけあって、プライバシー保護や安全性の高いサーバーセンターの保守にも力を入れている数少ないアプリの一つです。

 

ブライダルネットで出会うためのポイントは?

多くの会員が3ヶ月以内に相手を見つけているブライダルネット。
男女同額の会費ということもあり、男性も女性も真剣な交際・結婚を望む会員がほとんどを占めています。

 

その中で自分にピッタリの人と巡り合うためには、まずプロフィールを充実させることと、そしてためらいを捨ててはっきり映った顔写真を載せることです。

 

ブライダルネットでは、毎日ログインすることで「いいね」に相当する「申し込み」に必要なポイントがプレゼントされます。
また、ログイン日時が新しいプロフィールほど上位に表示されるという特徴もあります。

 

とにかくマメに毎日アクセスすること、時間があるときには「日記」や「コミュニティ」も活用して積極的に気に入った相手にアプローチをすること。
悩んだらすぐに「婚シェル」に相談をすること。

 

ブライダルネットで出会うためには、積極性と大人の対応に磨きをかけましょう。

 

poiboy(ポイボーイ)

サービス名 poiboy(ポイボーイ)
運営会社 株式会社Diverse
会員数 約60万人
男女比 4:6
登録料 無料
利用料(男性) 3,400円/月※
利用料(女性) 無料

※長期契約割引あり/年齢によって変動あり

 

フェイスブックの代わりにインスタグラムやツイッターアカウントでログインできる、ちょっと変わった婚活・恋活アプリがポイボーイです。
他のアプリと大きく違う特徴を持つポイボーイについて紹介します。

 

ポイボーイは「女の子から選ぶマッチングアプリ」!

ポイボーイが他の婚活・恋活アプリと最も違う点が、女性に圧倒的に有利だという点です。
女性会員が多い理由は、こんなところにあります。

 

女性から「ポイ」しないと男性はメッセージすらできない

ポイボーイの「ポイ(Poi)」は、表示される男性の写真に対して気に入った!とアピールすることを言います。
男性会員はポイされた女性にしかメッセージを送ることができないので、選ばれなければ何もアクションを起こすことができません。

 

しかも最初の選択時には写真しか情報がないため、イケメンが圧倒的に有利なマッチングアプリといえます。
女性が好みの男性を選ぶ、それがポイボーイです。

 

会員の年齢層は20代中心

写真の第一印象で簡単に「ポイ」できるというライトな操作性もあり、会員の年齢は他の婚活・恋活アプリと比べると若めです。
特に男性は30歳以上になると会費が上がってしまうため、20代男性会員が多くを占める傾向があります。

 

真剣にすぐに結婚する相手を探すというよりも、まずはフィーリングの合う人と恋から始めよう、という人に向いています。
もちろん「ポイ」を送ったからといって、必ず男性からメッセージが返ってくるとは限りませんから、女性側もきちんとプロフィールを充実させておく必要があります。

 

ポイボーイは見た目にこだわりが強い女性におすすめ

年収や職業といった一般的な婚活アプリで重要度が高い情報は、ポイボーイの選択画面では表示されていません。
あくまでも写真での第一印象でキメる必要があるため、慎重派の女性の婚活には向いていません。

 

ただ、メンクイでどんなに条件が良くても見た目が悪いと付き合えない、というなら、ポイボーイは使ってみる価値があります。
イケメンが集まるアプリなので、きっと好みのタイプが見つかるでしょう。

 

ポイボーイの安全性は?

非常にライトな出会いのイメージが強いポイボーイですが、安全性はどうなのでしょうか。
ポイボーイの安全性についてチェックします。

 

運営会社はMIXI子会社で大手の婚活企業

ポイボーイを運営している株式会社Diverse(ダイバース)は老舗SNS「MIXI」の100%子会社で、ポイボーイ以外にも婚活アプリ「YYC」や「ユーブライド」を運営している大手企業です。

 

年齢層や結婚への本気度に合わせていくつもの結婚支援事業を展開しているため、ポイボーイも安全性についてはオリガミ付きといえます。

 

認証方式はいくつもの中から選択可能

フェイスブック・ツイッター・インスタグラムなど、複数のSNSアカウントで会員登録をすることができる点も、他のアプリにはない特徴です。
SNSは使っていないという人は、携帯番号からの登録も可能です。

 

そんなに入会が簡単だと、未成年や悪質な会員も多いのでは?と思いますが、実際に相手とメッセージをやり取りする前にはもちろん本人確認が必要になります。
年齢や顔が確認できる公的な証明書の写真を送らないと、正式な登録状態にはなりません。

 

ポイボーイで出会うためのポイントは?

女性側からしかアプローチができないポイボーイでは、好みでない男性からもどんどんメッセージが来てしまうというわずらわしさは皆無です。

 

その代わり、ポイを送られた男性側は会費を払わないと女性にメッセージが送れないため、興味をひかれない女性にはポイをもらってもメッセージしない、という口コミも多く見られます。
女性優位だからと安心せずに、自分のプロフィールもしっかりと充実させておくことが第一歩です。

 

男性も登録だけは無料なので、とりあえず登録してポイを貯め、気になる女性が現れるまでは課金しない、という声もありました。
その分課金会員になっている男性とはマッチングしやすく、上手くいけばイケメン彼氏をゲットする大チャンスとも言えますね。

 

男女ともに年齢が上がるほど不利になるマッチングアプリなので、20代で素敵な相手に出会いたい人におすすめです。

 

婚活アプリのログインには何が必要?安全性はどうやって確保している?

 

婚活アプリを探してみると、トップ画面から会員登録に進んだときにかなりの確率で「フェイスブックでログイン」というボタンが表示されます。

 

フェイスブックは実名登録が基本となっており、たとえ偽名で登録してもそれが本名でないことが発覚すると即座にアカウントが停止されてしまうほど厳しいシステムで知られているため、婚活アプリでも本人確認済みという認識でアカウントを連携させることができるのです。

 

ではフェイスブックと連携しない婚活アプリの場合はどうなのでしょうか。

 

フェイスブック不要型婚活アプリの安全性

フェイスブックアカウントが本人確認に適していることは、もはや日本では常識と言えます。
でも、フェイスブックアカウントを一時的に偽名で作成することも、実はできてしまいます。

 

結局のところ会員登録に本当に必要なのは外部SNSのアカウントの信頼性ではなく、アプリ自体がどのように本人確認をしているか、という点に尽きるのです。
フェイスブック不要な婚活アプリでの本人確認には、こんな方法が取られています。

 

アカウント登録にはいろいろな方法がある

代表的な婚活アプリだけを調べてみても、アカウントを登録するには様々な方法があることがわかります。

 

  • フェイスブックアカウントでログイン
  • SMS認証(携帯電話番号が必須)
  • メールアドレスを使ったログイン
  • ツイッターやインスタグラムアカウントを使ったログイン

 

これらの中ではフェイスブックアカウントとSMS認証が最も信頼性が高く、登録時にある程度の個人情報を渡しているイメージになります。

 

メールアドレスや他のSNSも個人情報ではありますがフリーメールの使用やニックネームでの登録も可能なため、それ自体の信頼性はそれほど高くありません。

 

このように会員登録時に偽名が使える可能性があるにも関わらず、なぜ婚活アプリは安全だと言い切れるのでしょうか。
その理由は相手とのやり取りの前に行われる本人確認にあります。

 

アカウント作成を偽名で行っても意味がない理由

世の中には遊び相手を募集するためのライトな出会い系アプリがたくさんあります。サクラを使って利用者を集め、課金をさせて儲けようとするアプリの中には、本人確認などもずさんな物が紛れ込んでいることもあります。

 

でもここで紹介した婚活・恋活アプリはすべて、そのような危険性はありません。
なぜなら、仮に無料登録を偽名で行ったとしても、実際にメンバーとのやり取りを始める前には身分を証明するための書類が必須になるからです。

 

免許証、保険証、パスポートなど公的機関が発行したもので、顔写真と年齢がはっきりわかるものでないと受け付けられません。

 

そもそも婚活アプリを含む出会い系のすべてのサイト・アプリは「出会い系サイト規制法」(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)によって規制されており、特に大企業が運営する婚活アプリでは、よほど悪意を持って利用しようともぐりこんでくる業者などを除けば、会員の信頼性は担保されていると言っても過言ではないのです。

 

フェイスブック不要型婚活アプリのメリット・デメリット

 

最後にフェイスブック不要のアプリのメリット・デメリットを簡潔にまとめてみましょう。

 

メリット
  • フェイスブックを使っていなくても登録できる

 

デメリット
  • 知人や友人とアプリ内でばったり遭遇してしまう可能性がある

 

実際には、婚活アプリを利用するときにフェイスブック連携の有無でそれほど大きな違いがあるわけではありません。

 

ただ、フェイスブック連携型の婚活アプリの場合は、フェイスブックで友達として登録しているユーザーがアプリ内にいた場合、自動的に隠す機能が付いていることがほとんどです。

 

リアルで知り合いの異性とばったり出くわしてバツの悪い思いをしてしまった・・・なんてことは起こらないようになっているのです。

 

まとめ

 

もしあなたが婚活アプリを探していてかつフェイスブックも利用しているなら、フェイスブック連携のあるアプリを使った方が利点は多いかもしれません。
今回紹介したアプリにも、フェイスブックアカウントでの登録が可能になっているものも含まれます。

 

ただ、婚活アプリを使うためだけに、用もないのにフェイスブックに登録する必要もありません。
フェイスブック連携をしていないアプリでも、優良でしっかりと出会える物はたくさんあります。
ぜひあなたの婚活に役立ててください。


このページの先頭へ戻る