バツイチこそ婚活アプリを使うべき!その理由とは?おすすめアプリも厳選!

 

離婚歴がある、いわゆる“バツイチ”の人が再婚を目指して婚活する場合は初婚の時よりも難しい状況に置かれることが多いもの。

 

例えば、バツイチの自分をこれから出会う相手が受け入れてくれるかどうかという悩みはもちろん、子供がいる場合はその子供との相性が良い人と出会えるか…など、いくつもクリアしなければならない問題を抱える方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんなバツイチの方が「バツイチならではの悩みを踏まえながら」婚活アプリを使って再婚を実現するための方法を見ていきます。

 

離婚歴という現実から目を背けるのではなく、過去としっかり向き合った上で離婚歴を「強み」に変える方向に進めていけばあなたの婚活はきっと上手くいきます!

 

 

バツイチの婚活は意外と難しい!~ハードモードになる3つの原因~

 

 

一般的に、初婚よりもバツイチの方が婚活が難しいと言われますが、それは何故でしょうか?
ここでは、離婚経験者の婚活が「なかなか上手くいかない」とされる代表的な理由を見ていきます。

 

理由1:イメージの問題

少し厳しい言葉になってしまいますが、やはりバツイチの場合、そのことに対して良くないイメージを持つ人は少なくありません。

 

近年では離婚が珍しくなくなってきているため、特に気にしないという人も増えてきてはいます。
しかし、その場合でも相手の親御さんも離婚歴に対して理解があるかどうかはまた別の話です。

 

婚活で出会った相手自身が「バツイチということは、もしかしたら性格に大きな欠点があるのかもしれない」という偏見を持っているケースもありますし、本人はまったく気にしていなくても「最終的に自分の両親が納得しないだろうから」という理由で離婚歴のある人を結婚の対象とは考えないケースもあります。

 

イメージが良くないのは確かね。
何か問題があるんじゃないかとか考えちゃう。


 

大人であれば自分の意思で結婚相手を選ぶ自由がありますが、やはり多くの人は周囲の人たちに祝福されながら結婚したいと考えるものなので、親の意見もある程度は重要と考えるのが一般的でしょう。


 

理由2:前妻(前夫)や子供との関係

離婚歴がある人の「再婚相手」になる場合、状況によっては前妻(前夫)や前の結婚でもうけた子供と接する機会があることが予測されるため、単純に「面倒そう」と感じる人も少なくないでしょう。

 

また、仮にそのような状況のなかで新たに自分たちの子供をもうけた場合、子供を複雑な環境に置くことになることが想像できるため、それを良く思わない人もいます。

 

さらに、自分としては前の配偶者への気持ちが完全に整理できていても、婚活で出会ったパートナーの目には「前の配偶者と接点がある=まだ相手に未練があるのかもしれない」と映ってしまう場合もあります。

 

前の配偶者との間に子供がいる場合は、離婚後も子供のことで連絡を取り合うケースは珍しくないわよね。


 

それはある程度必要なことです。
しかし、婚活においてはそれもまた状況を複雑にする理由の一つになり得るのです。


 

理由3:養育費など金銭の問題

その他にバツイチの婚活が難しいと言われる大きな理由として「お金の問題」も挙げられます。

 

仮にあなたが前の結婚でもうけた子供に養育費を払っている立場だとして、その状態であなたと結婚したいと考える人は現実的に多いとは言えません。

 

もちろん、前の配偶者との離婚が成立していても養育費を支払うかたちで子供の人生に責任を持つことの重要性は、頭では誰もが理解するでしょう。

 

そういった人と一緒に家庭を築きたいと考えるかどうかはまた別の問題ですよね。


 

結婚をすれば夫婦ふたりでもお金がかかりますし、さらにこれから子供をもうけるとなるともっとお金がかかります。

 

そんな中で、これから自分と結婚することになるパートナーが前の結婚生活でもうけた子供に養育費を払い続けるとなると、頭ではその必要性を理解できてはいても心の中ではそのことを「マイナスのポイント」と捉えてしまう人も少なくないでしょう。

 

これらのことから、バツイチの婚活は初婚の人以上に難しいと言われているのです。

 

では、これらを踏まえたうえで、離婚経験者が婚活アプリでの婚活を上手く行かせるためにはどのように進むべきかを次から見ていきましょう。


 

“バツイチ問題”を解決しよう!~婚活を成功させる3つの具体策~

 

 

上では、離婚経験者の婚活が難しいと言われる大きな理由を見てきました。

 

しかし、これらの理由がせっかく分かったのに必要以上に重く捉えて後ろ向きになったり、何もしないのでは意味がありません。

 

冷静に問題点を分析し、そこにどう対処していくかを考えることで婚活成功の道は開けるものなので、ぜひ前向きに考えて行動しましょう。

 

ここからは、“婚活におけるバツイチ問題”の具体的な解決策を見ていきます。

 

解決策1:マイナスイメージは「経験」に置き換えてプラスに変換

多くの人がバツイチに対して持つイメージとして、「イヤなことがあったらすぐに結婚から逃げ出しそう」「相手に合わせることができず、自己中心的なのではないか?」というものがあります。

 

実際にはこのようなことが原因で離婚に至るケースばかりではないことは皆さんもご存知のとおりですが、婚活を始めるにあたり、まずはこういったマイナスのイメージを払拭することから始めることが足掛かりになるでしょう。

 

相手の持つマイナスのイメージを緩和する具体的な方法は、離婚歴を「勉強した経験」として伝えることです。


 

事実として、過去の結婚歴=貴重な経験です。

 

その経験をしたことで何を感じ、何を学んだか。
そして、それらを踏まえてどういった点を自分の反省点だと感じ、今後はどのような夫婦関係を築いていきたいのか。

 

そういったことをきちんと考えている人は、相手の目に好印象に映ることも多いものです。

 

当たり前ですが、初婚の人には「結婚の経験値」がありません。
ですから、この点をプラスの表現に変換し、上手に相手にアピールしましょう。

 

解決策2:元配偶者や子供との関わりは「範囲を明確に」

以前の結婚で子供をもうけなかった夫婦の場合、離婚後まったく前妻(前夫)と連絡を取らないというケースも多いでしょうが、子供がいる場合は例外もあります。

 

子供のことで元配偶者と定期的に連絡を取ったり、子供の体調が悪い時などは別居中の親がその子供の面倒を見る日もあるかもしれません。

 

ただ、先でも書いたようにこうした状況は、これから婚活で出会うパートナーにしてみれば快いとは言えないケースも少なくありません。

 

とはいえ、人間には投げ出せるものと投げ出せないものがあります。

 

離婚したからといって過去の関係を完全に断ち切ることが望ましいとも言えませんし、また、責任感が強い人であればあるほど、自分の都合のために一度は家族になった人との関係を完全に清算するという行動に罪悪感を覚えるでしょう。

 

しかし、婚活で新たなパートナーを見つけるにあたっては、その相手の気持ちにもできるだけ配慮しなければいけません。


 

では、この場合どうすれば良いかというと、ベストな方法は「どこからどこまでの範囲で前の家族と付き合っていくのか」を相手に明確に伝えることです。

 

どういった状況の時に元配偶者と連絡を取るのか、また、それは月に何回程度なのか…などを正直に相手に伝え、「不要な連絡を取り合う仲ではない」ということを理解してもらうことが重要なポイントになります。

 

バツイチの人の場合、過去の家族との関わりがある可能性については多くの人が想像するでしょうが、「ダラダラと連絡を取り合っている」「頻繁に会いすぎている」という印象はだらしないイメージにつながり、再婚の妨げになります。

 

嘘をつく必要はありませんが、「連絡は必要な時だけである」ということはしっかりと伝えるのが得策です。

 

解決策3:金銭の問題は話し合いでクリアする

社会人としてある程度まとまった金額の給料を受け取っている人でも、「養育費の支払いがあるために生活がラクではない」というケースもあります。

 

こういった事は、できれば婚活を始めて良い雰囲気になった人ができた時点で徐々に話していくべきですが、相手の気持ちが離れてしまうことを恐れてその話題を避けたり、中には「自分は養育費を払っても金銭的に十分な余裕がある」などと嘘までついて相手との結婚にこぎつけようとする人もいます。

 

しかし、言うまでもなくこれは良くありません。

 

こういった行動は、「自分がバツイチで不利な立場にある」という思いがある人ほどつい取ってしまいがちですが、長く隠せば隠すほど、本当のことが分かったときに相手があなたに「裏切られた」と感じる気持ちが強くなり、結果的に離れていく可能性が高くなります。

 

出会ってすぐにお金の話をするのはさすがに気が引けますが、なるべく早い段階で金銭状況を正直に打ち明け、相手と話し合ってその問題を越えることが大切です。


 

バツイチの人に対してよくありがちな偏見の中に「性格に問題があるのでは?」というものがあるので、それが間違いであると示すためにも、特に離婚歴がある人の場合は嘘をつかず、正直な姿勢で婚活に臨むことが非常に重要な鍵になります。

 

ズバリ、バツイチが婚活アプリを使うメリットって?

 

 

婚活アプリをざっと見た感じ、なんだか初婚の人が多いような…?バツイチの自分でも婚活アプリで婚活するメリットってある?と思う方も中にはいるかもしれませんね。

 

しかし、実は「バツイチの人こそ」婚活アプリを使うことにメリットがあると言えます。

 

なぜ離婚歴がある人こそ婚活アプリを使うべきなのか?ここでは、その理由を見ていきます。

 

「離婚歴あり」を先に知ってもらえる

婚活アプリの仕様は各社ごとに異なりますが、プロフィールに「離婚歴があるか」「子供はいるか」「(子供がいる場合)その子供とは同居しているかどうか」等が表示されるものもあるため、お互いの情報を先にある程度知ることができる点が強みです。

 

これが職場や合コンなど「リアルの場での出会い」となると、最初から相手のこういった情報が分かる訳ではないので、せっかく良い雰囲気になってもあなたから「バツイチだ」と打ち明けた瞬間に相手が離れていく可能性も考えられます。

 

しかし、婚活アプリでは知り合う前にまず条件から入るため、離婚歴が気になる人はそういった人と連絡を取らない選択ができます。

 

プロフィールで離婚歴を明かしている状態の中で自分に興味を示してきた人は、「離婚歴を気にしない人」である確率がとても高いので、お互いに後で気まずい思いをせずに済む利点があります。

 

相手の収入が先に分かる

婚活アプリでは、全員が自分の年収を公開した状態で婚活しているため、「先に相手の収入がわかる点」も大きなメリットです。

 

例えばさきほども例に挙げたように、仮にあなたが養育費を支払っている状態にあり経済的に余裕がない中で婚活を進めているとします。

 

そうなると、現実的に「生活をあなたの収入に頼らなければいけない人」と結婚生活を送ることは難しいため、経済的に自立したパートナーを探す必要がありますよね?

 

この点も、婚活アプリであれば先に調べることができるため、「後になってイメージが大きく違った」ということが起こりづらいという点でもオススメです。

 

これはリアルの出会いにはない「婚活アプリならでは」のメリットなので、活かさない手はありません。

 

仕事や育児が忙しくても婚活できる

シングルマザー、シングルファーザーなど、自分ひとりで育児も仕事も行っている人にとって、「決められた日時に婚活パーティーへ行く」という行動は、時間が取れずどうしても難しいものです。

 

その点、婚活アプリは「24時間365日、好きなタイミングで婚活できる点」が非常に優秀なポイントです。

 

婚活アプリさえあれば、家でパジャマを着た状態でじっくりお相手を探すことができますし、仕事や子供の寝かしつけで遅くなってしまっても問題ありません。

 

ここまで自由度が高い婚活は、婚活アプリ以外ではなかなか見つからないはずです。

 

バツイチが婚活アプリでやってはいけないNG行為とは?

 

 

ここまで、バツイチの婚活が難しいと言われる理由とその解決策のほか、バツイチの人が婚活アプリを使うメリットについて見てきました。

 

ここからは、さらにもう一歩進んで離婚歴のある人が「婚活アプリでやってはいけないこと」を確認してみましょう。

 

初回にプロフィールを登録する時やデートが始まってからなど、その段階によって注意点は若干異なりますが、すべてに共通するポイントは、「信頼をなくすような行動はしない」という事です。

 

離婚歴を隠すのは絶対NG

バツイチの婚活の基本中の基本は、「離婚歴を隠さないこと」です。

 

これはとても大切なことなので、わざわざ言われなくても分かっていると感じる方も多いと思いますが、一部には離婚歴を隠したまま婚活をする人がいるのも事実です。

 

自分の中で過去の離婚歴に後ろめたさがあったとしても、離婚歴は永遠に隠せるものではないので早い段階で打ち明けたほうが自分としても気持ちがラクになります。

 

また、今の時代は離婚歴を気にしない人も多くいますが、その場合でも「途中まで離婚歴を隠されていた」ということがあれば、離婚歴どうこうではなく“隠していた”ということが原因で信頼を失うでしょう。

 

元配偶者の悪口を言わない

婚活をスタートすると、付き合いが深くなった相手はもちろん、場合によってはまだ知り合って間もない人からも「離婚の理由」を尋ねられることが少なくありません。

 

このように相手が離婚の理由を尋ねてくるという事は、あなたに対して関心を持っている証拠ですから、こちらとしてもできるだけ真剣に答えるように努めましょう。

 

ただしこの時、思ったことを何でも相手に話せば良いという訳でもないため、注意が必要です。

 

離婚に至った経緯や原因を正直に話すことは必要ですが、内容はシンプルに「理由だけ」に留め、腹が立った、許せないなどの“感情表現”は含めずにあくまでもサラリと話したほうが良いでしょう。

 

また、ここで気をつけたいのは、真相がどうだったとしても「自分は100%悪くない」、「すべて相手のせい」というような言い方をしないことです。

 

例えそれが事実であっても、「相手だけが悪い」という表現は責任転嫁に聞こえたり、感じが悪く聞こえてしまうケースがあり、明らかにあなたのイメージダウンにつながります。

些細なことですが、同じ内容を話すにしても少し言い方を変えてみたり、言うべきこと、言わなくても良いことを整理することであなたの印象が悪くなることを防ぐことができます。


 

できない約束はしない

自覚はなくても、気持ちが盛り上がった勢い(その場のノリ)や、相手の気を引きたい一心で大きなことを言ってしまう人は意外と少なくありません。

 

例えば、「結婚してくれたらもう一生働かなくていいよ」「どんなに疲れても毎日あなたのために手作りの料理を作るね」などもそうですし、「前の配偶者・子供とはもう会わないよ」などもそのうちに含まれる場合があります。

 

もちろん、これを確実に守れるのであれば言って問題ありませんが、守れない可能性が少しでもある場合はあえて言葉にはしない方が賢明でしょう。

 

自分としては相手への好意の大きさを表すために軽い気持ちで言った一言が、相手にとっては「結婚の条件の一つ」に数えられてしまう可能性もあるため、言ったことを後で守れなくなるぐらいなら言わない方がお互いのためという考え方もあります。

 

交際が始まって最初の頃は気持ちが盛り上がって「君はもう働かなくていいよ!」と言っていたのに、結婚して気持ちが落ち着いてくると(やっぱり働いて欲しくなって)「君も働けよ」と言い出すようなケースや、結婚前に「毎日ご飯を手作りする」と言ったにも関わらず、疲れて手作りができない日がある…等は結婚生活において決して珍しいことではありません。

 

人の気持ちや状況は常に変わるものですから、先に大きなことを言い過ぎないのも相手の信頼を勝ち取る上では重要なポイントです。


 

自分の都合ばかり押し付けない

婚活アプリで婚活を進めるうち、あなたと同じように離婚歴がある異性に出会うこともあるでしょうし、初婚の人と出会うこともあるでしょうが、特に相手が「初婚の人」であった場合、バツイチの人には少し気をつけなくてはいけない事があります。

 

それは、「自分がバツイチだから(既にいちど結婚を経験しているから)」という理由で、初婚のパートナー相手に結婚式は一切したくないと言うなど、“自分の都合ばかり優先しようとしない”ということです。

 

実はこういったケースは意外と多く、特に「結婚式」「新生活の家財道具の準備」など、バツイチの人にしてみれば「過去に同じことをした時に相当なお金が掛かったから、もうやりたくない」と感じることを、相手の気持ちを考えずに独断で行わない方向へ持っていこうとする人も少なくありません。

 

もちろん、お互いの話し合いでそのようになったのであれば問題ありませんが、特に相手が初婚の場合は結婚式を希望する場合もあるでしょうし、初めての結婚のために二人で家財道具を揃える経験をしたいと考える可能性もあります。

 

結婚生活は二人で作るものですから、パートナーの意見も取り入れ、お互いに納得するかたちでスタートを切ることが大切です。


 

バツイチはどの婚活アプリを使うべき?

 

 

婚活アプリの必須入会条件はもちろん「独身であること」ですが、その他の細かな条件は各社ごとに異なります。

 

利用登録できる年齢も18歳だったり20歳だったりと、アプリごとに若干の違いがありますが、「バツイチの利用は不可」という条件を設けるアプリはありません。

 

そのため、基本的にどの婚活アプリでも自分の好みで選んで問題ありません。

 

とはいえ、利用するアプリによってそれぞれ大まかなメインユーザー層(何歳ぐらいの人が多いか、初婚とバツイチのどちらが多いかなど)の特徴があるので、ここでは「バツイチの人が婚活しやすいアプリ」という視点で厳選した3つのアプリを簡単な特徴とともにご紹介したいと思います。

 

marrish(マリッシュ)

「マリッシュ」は2016年11月にスタートした、比較的新しい婚活アプリです。

 

“いろんな恋と婚活を応援する”をモットーに地域や年齢、婚活か恋活かを問わないマッチングサービスを提供するマリッシュですが、特に得意とするのがシングルマザー、シングルファーザーなどバツイチの人の再婚に向けたマッチング。

 

マリッシュにはさまざまな年齢層のユーザーがいますが、主に「30代以上の離婚経験者」が多いため、そのあたりの年齢層のパートナーと出会いたい方には特にオススメのアプリです。

 

一般的な婚活アプリのメインユーザー層は20~30代の初婚の人であることを考えると、「30代以上で離婚歴がある人が多い」という特徴を持つマリッシュは、希少なアプリと言えます。

 

マリッシュでは男性会員はプランにより1ヶ月あたり\2,500または\2,980の会費がかかりますが、女性会員の会費は無料です。

 

Omiai(オミアイ)

「Omiai」のメインユーザー層は上で紹介したマリッシュよりもやや若く、20~30代といったところ。

 

会員の年齢層が若めということもあって、特別にバツイチの人が多いということはありませんが、やはり中には離婚歴のある会員もいます。

 

Omiaiの特徴は「2018年上半期の時点で累計300万人を突破」という会員数の多さにあり、この会員数は数ある婚活アプリの中でもトップクラスです。

 

会員数が多い=理想の人に出会える確率も高いということなので、効率よく出会いを探したい人には特にオススメのアプリです。

 

Omiaiでは男性会員はプランにより1ヶ月あたり\2,780~の会費がかかりますが、女性会員の会費は無料です。

 

Youbride(ユーブライド)

「ユーブライド」は、大手企業ミクシィグループが運営する婚活アプリです。

 

まだ営業を始めて2~3年という婚活アプリも多いなか、すでに18年の営業実績を持つユーブライドは婚活業界において老舗とも言える存在。

 

150万人を越える日本最大級の会員数もさる事ながら、18年間の営業の中で培われたマッチングのノウハウを活かし、「会員の6割を登録後3ヶ月以内のスピード結婚に導いている(※2017年8月時点のデータ)」という点も見逃せません。

 

ユーブライドのメインユーザー層は20~50代と幅広く、初婚の人も離婚経験者もバランスよく存在しています。

 

ユーブライドでは男女を問わず会費が有料(1か月プランの場合は\3,980)ですが、「会費を払ってでも真剣に良縁を見つけたい」という意欲の高いユーザーが多い特徴があり、そのことが“入会後3ヶ月以内のスピード結婚”という驚異的な結果につながっていると言えます。

 

「バツイチの方がモテる」は本当?~婚活アプリのウラ話~

 

 

ここまでの内容では、おおむね「バツイチは初婚の人よりも婚活が大変である」という目線で話を進めてきました。

 

確かに、先でも書いたように、バツイチの人の場合は初婚の時には超える必要のなかった問題をいくつかクリアしなくてはいけないという現実があります。

 

しかし、おそらく多くの方が耳にしたことがあると思いますが、一部では「初婚よりもバツイチの方がモテる」という声もあるんですよね。

 

なぜ、「バツイチはモテる」と言われるのでしょうか?この点を知って、ぜひあなたの強みとして役立ててください。

 

精神的な余裕がある

バツイチの人がモテる理由として多く語られることの一つに、「精神的な余裕」が挙げられます。

 

例えば、まだこれまでに一度も結婚したことがない人の中には、結婚に焦るあまり自分を見失っているような人もいます。

 

こういった状態は“ガツガツしている”と表現されることもありますが、この状態は傍から見て美しいとは言い難いものなので、そうではない離婚経験者の余裕に魅力を感じる人も少なくありません。

 

結婚生活の実情を知っている

結婚をうまく行かせるにあたり、「結婚生活の実情を知っていること」は強力な強みになります。

 

初婚の人の場合、結婚生活に非現実的な夢や理想を持って臨むことも少なくないため、いざ結婚生活が始まってからその理想と現実のギャップに耐えられず離婚に至るケースが少なくありません。

 

しかし、バツイチの人はすでに結婚生活の現実を知っているので、再婚後の生活に過剰な幻想を抱いて「こんなはずじゃなかった」と言い出す可能性が極めて低く、安定して落ち着いた結婚生活を送ることができそうな点も魅力の一つと言えるでしょう。

 

同じ失敗を繰り返さない気構えを持っている

どのような経緯で離婚に至ったとしても、「自分は1%も悪くなかった」とまで言い切れる人はほとんどいないものです。

 

恋人同士の別れとは違い、いちど結婚してからの別れは非常に重い意味を持ちますし、多くのマイナスが伴います。

 

たとえ相手に原因があって離婚せざるを得なかった場合でも、離婚を経験した人というのは「なぜこのような結果になったのか」「自分にも問題があったのかもしれない」「あの時ああしていれば…」など、沢山のことを深く考えるものです。

 

バツイチの人にとって、これは心の“傷”になる場合もありますが、この経験があるからこそ次の結婚ではより一層パートナーを大切にしようという思いが強まったり、以前にも増して優しく忍耐強くなれるという側面もあります。

 

このように、「二度と同じ失敗を繰り返さない強い意志」もバツイチの人の持つ大きな魅力のうちであることは間違いありません。

 

まとめ

 

ひと昔前までは離婚する人の人口がまだ少なかったこともあり、バツイチになると肩身の狭い思いをしたり、まるでそれが人生の汚点のように言われるケースもありました。

 

しかし、現代では離婚は決して珍しいことではありませんし、初婚の人であっても相手の離婚歴を気にしないケースも増えています。

 

その意味で、今はバツイチであっても、なくてもさほど変わらない条件で婚活を進められる恵まれた時代と言えるでしょう。

 

婚活アプリであれば、離婚歴を含めたあなたのプロフィールを先に相手に知ってもらうことができるうえ、書き方を工夫すれば過去の離婚歴を「立派な強み」に変えることも十分に可能です。

 

前向きな姿勢で、今後の人生をともに生きる素敵なパートナーを見つけましょう!

関連ページ

facebook連動の婚活アプリでバレたくないあなたへの注意点!
facebook連動の婚活アプリを使えば、自分が婚活をしていることがfacebook上でバレてしまい非常に恥ずかしい思いをするから嫌だな、と思っている人も多いのではないのでしょうか?では実際に婚活アプリを使うとどのような危険やデメリットがあるのでしょうか?
婚活アプリが大活躍!理想の彼女のつくり方教えます!読まないと損するかも♪
現代においては、ネットも立派な出逢いの場。それどころか、リアル婚活よりも結婚に繋がる可能性が高いかも?!婚活アプリを使った、理想の彼女のつくり方を大公開しちゃいます。読まないと損するかもよ♪
出会いがない人必読!婚活アプリで運命の出会いを見つける方法!
結婚したくても、そもそも「出会いがない!」という悩みを持つ男女は意外に多いもの。そんな男女にこそオススメなのが「婚活アプリ」です。婚活アプリは、今や誰にとってもいちばん身近な『良縁探し』のツールなのです。
オタクの婚活におすすめ!最高の相手が見つかる婚活アプリ♪
オタクならではのメリットを活かして婚活を有意義に進めるポイントを知りましょう。オタクの皆さんにお勧めの婚活アプリと、オタクの婚活ポイントについてご紹介します。
facebookなしの婚活アプリをまだ知らないの?バレたくないならコレ?
バレずに婚活アプリやるならfacebookなしの婚活アプリがおすすめ!人気アプリを徹底調査!facebookなしの婚活アプリおすすめ3選!
婚活アプリは彼氏がほしい女性のお助けツール?優良アプリの選び方講座
彼氏がほしいと願ってこれから婚活アプリを利用してみたいあなたのために、様々な角度から婚活アプリをご紹介しましょう。
婚活アプリと恋活アプリの違いを知らないバカがまだいるの?!
出会いを叶えるアプリを検索すると「婚活アプリ」「恋活アプリ」と色々名前が出てくると思います。この2つの違いとは?それとも全く同じもの?ギモンにお答えいまします。
結婚相手には保育士が大人気!保育士が多い婚活アプリを厳選紹介☆
最近、保育士が結婚相手として人気急上昇しているのをご存じでしょうか?今日は保育士がなぜモテるようになったか、そして保育士と結婚するための婚活アプリの選び方、使い方や注意点についてご紹介します。
看護師の婚活なら断然婚活アプリ!看護師限定の婚活サイトがある?!
看護師さんのために看護師さんの婚活にピッタリの婚活アプリをご紹介します!看護師さんと結婚したい男性の方にもおすすめの記事ですよ♪
facebook連動型の婚活アプリは本名がバレる?徹底検証!
facebook連動型の婚活アプリで気になるのが「リアル友達に婚活がバレる?」「facebookに登録している本名が婚活アプリ上で知られてしまう?」などの点です。本名を隠す方法があるのか徹底検証してみましょう。
女医と結婚したい男性急増中!女医を狙える婚活アプリはあるのか?
結婚したい女性の職業で大人気なのが女医!そんな女医に人気なのが「婚活アプリ」です!今回は、男性間で人気のある「結婚したい女性の職業・女医編」として、どうすれば女医と知り合えるのか、そしてどうすれば結婚に進展させることができるのかをじっくりお届けします!
出会いが欲しい社会人に婚活アプリはもう常識?!今時の婚活スタイル
なぜイマドキの社会人には婚活アプリでの出会い探しが良いのか、婚活アプリは怪しいものではないのか?などについて解説します。
婚活アプリから本気恋愛!結婚までの道のり(結婚率・結婚までの期間)は?
婚活アプリの現実やネット婚活における結婚までの期間や結婚率、婚活アプリで結婚した人はどんなアプリを使っているのかなどについて徹底解説します!
【衝撃】婚活アプリで年収600万円以上のサラリーマンと結婚する方法
年収600万円以上の男性と出会いたいなら婚活アプリがおすすめです!上手に活用すれば、希望の相手を効率よく探すことができる魅惑のツールを使って高収入の男性との結婚を実現しましょう♪
女子アナ間で婚活アプリブーム?どんなアプリが女子アナと出会える?
女子アナはとても忙しいので婚活などしている暇はない!ただ、こっそり婚活アプリを利用している人もいるようです。今日は婚活アプリで女子アナに巡り合うための作戦を、じっくり考えてみましょう!
警察官と結婚したい女子が急増中?婚活アプリで警察官と出会うコツを伝授☆
婚活中の女性の間で、警察官が大人気ということはご存知ですか?しかし、警察官と結婚したいといってもそう簡単ではありません。そんな女性達を助けてくれるのが「婚活アプリ」です。婚活アプリで憧れの警察官と出会いましょう!
アイドル好き男女必読!アイドル並みに素敵な人に出会える婚活アプリは?
寝ても覚めてもアイドルのことで頭がいっぱいのみなさんのために、アイドル並みに素敵な人に出会える婚活アプリをご紹介します!皆さんの妄想ばかりの日々に風穴を開けます。
医者と結婚したい人は婚活アプリがおすすめ!人気アプリはこれ!
結婚したい男性の人気の職業『医者』と結婚したい方にとってのおすすめ婚活ツールは婚活アプリだって知っていましたか?そこで今回は、人気の職業である「医者」と出会う方法やおすすめの婚活アプリについてまとめてみました。
婚活アプリで弁護士と出会う方法とは?結婚に発展するまでの道のり
結婚相手として人気の弁護士。実は意外と婚活アプリに登録している人も多いようです!今回は婚活アプリで弁護士と出会う方法、そして恋愛、結婚にまで発展させる道のりについて、情報を整理してみましょう。
婚活アプリで公務員と結婚!公務員が集まる婚活アプリならここ!?
結婚するなら公務員!と決めている女性も多いことでしょう。そこで公務員が集まる婚活アプリを紹介しちゃいます!運命の出会いをGETして玉の輿に乗っちゃいましょう!
現役CAと出会える婚活アプリは?憧れの女性と付き合いたい男性必読!
真剣に結婚を考える人も、まずは知り合って友達から始めたいという人も、婚活アプリでCAを探してみましょう。雲の上の存在と思っていた女性たちと、意外と簡単に出会えちゃいますよ♪
安定を求める女性必見!銀行員との出会いは婚活アプリがおすすめ!
銀行員と出会える可能性のある婚活アプリ、アプリの中で銀行員を見つけるコツ、結婚の注意点までまとめました。安定を求める女性必読の、銀行員特集です!
婚活アプリで出会いをGET!イケメン彼氏の作り方完全公開!
「アプリを利用した婚活では、イケメンに出会うことが難しい」というイメージをお持ちではないでしょうか?そこで今回は、婚活アプリでイケメン彼氏を作る方法をご紹介します!
婚活アプリで初デートはどんな服装?婚活男女にふさわしい服装の基準!
婚活アプリ初心者さんでも安心の「婚活男女にふさわしい服装」がテーマです。男女別、相手に好印象を持たれる服装のコツを大公開しちゃいますよ。
婚活アプリで相手の心をガッチリ掴む!プロフィールの書き方講座【決定版】
「婚活アプリで相手からの好印象を得るプロフィールの書き方」から「相手を惹きつける写真選びの方法」まで、プロフィール作成に必要なすべてをレクチャーしていきます。

このページの先頭へ戻る